短足を改善したい人へ、脚を長くする5つの方法

短足を改善したい人へ、脚を長くする5つの方法

短足で悩んでいるという人や、自分が短足だという自覚がある人は少なくありません。そもそも日本人は他の国の人と比べれば短足なほうではあるものの、やはりスタイルを良く見せるためには短足を改善して、脚を長く見せたいもの。

しかし短足を改善する方法と考えると、美容整形や諦めるという方法しか思い浮かばない人も多いかもしれません。そんな短足を改善したいけれど、良い方法が見つからない人のために。今回は短足を改善する方法について、5つのことを紹介していきます。

 

成長ホルモン・骨を強くする栄養を摂る

短足を改善するためには、脚を長くする必要があります。しかし脚を流すためには、骨を伸ばす必要がありますし、成長期ならまだしも成人をした後だと難しいのでは…?と諦めている男性も少なくありません。

しかし成長ホルモンや骨を強くする栄養を積極的に摂ることによって、骨の成長を促すことが出来ます。主な食材としては、乳製品や納豆の他に、成長ホルモンであるHGHという成分が含まれているサプリメントを摂ることがオススメ。

いくら脚を長くする方法を試すにしても、骨を作る要素が足りなければ意味がないので、積極的に骨を丈夫に、そして強くしていきましょう。

 

姿勢を良くする

姿勢の悪さは短足の原因にもなっています。短足で悩んでいる人は、全身鏡の前で自分の姿勢を見てみましょう。もし背筋が伸びていないのであれば伸ばしてみると、背が少し高くなりませんか?本来の身長というのは、その姿勢の良い状態のものなのです。

姿勢の悪さは癖となっていることも多いので、短足を改善していく為には姿勢の悪さを改善していきましょう。背筋が伸びれば自然と身長も伸びるので、脚を長くすることが出来ます。

 

縄跳びをする

大人になった後だと、身長を、しかも脚を伸ばすのは難しいと考えている人も多いかもしれません。しかし直接的に脚を長くすることが出来るため、短足を改善することが出来るのです。

方法は縄跳びをするというとても単純なもの。骨というのは、普通ならば影響を受けずにそのままの状態でありますが、末端の骨は影響を受けることが出来る場所です。しかも影響を受けた方向によって変化をしていくため、縄跳びをしてかかとが地面で刺激を受けることによって、脚全体にまっすぐに影響を与えることが出来て、まっすぐに伸ばすことが出来るということですね。

縄跳びが難しい場合には、真っ直ぐに飛ぶことを意識してジャンプを毎日してみるといいかもしれません。

 

膝を叩く

末端の骨が唯一影響を受けることが出来るというのは、膝の骨にも言えることです。脚の骨は大きく分けて太ももの部分と、膝から下の2本の骨で構成されているので、膝はちょうど末端の骨にあたります。

縄跳びよりも簡単で、椅子などに座った状態で膝を叩くだけ。縄跳びは場所や時間を取ることになるので、厳しい場合には1日に何度か膝を叩くことを続けていくといいでしょう。

 

骨盤を矯正する

骨盤が原因で短足になっている可能性もあります。姿勢が悪いと骨盤も歪んできます。歪んだ結果としてわかりやすいものと言えば、O脚など脚の形が歪んでしまうというもの。骨盤を矯正することによって、脚は真っ直ぐに伸びるようになるので、必然的に脚を長くすることが出来るのです。

もし自分の骨盤が歪んでいる、脚が歪んでいるのであれば、骨盤矯正をすることで簡単に短足を改善することが出来るかもしれませんね。

 

まとめ

女性の場合は靴によって脚を長く見せることも出来ますし、そもそも身長が低くてもプラスに働くことが多くあります。しかし男性は身長を求められることがある半面で、脚を長く見せる方法は限られているため、短足というコンプレックスを抱いている人も少なくありません。

しかし今回紹介した方法を続けていくと、脚の骨に直接働きかけることが出来るので、短足を改善することが出来ます。食事や生活リズムに気をつけながら、毎日コツコツと心掛けて、短足を改善していきましょう。

ページ上部へ戻る