行動力がある人になりたい!その5つの特徴とは

行動力がある人になりたい!その5つの特徴とは-1

行動力がある人には、どのような特徴があるのでしょうか。行動力がある人は、常に先頭を走りながら周囲を引っ張る雰囲気を持っていますよね。「あの人みたいに、行動力がある人になりたい!」そう思う人もいるでしょう。自らが動き出すことができる人には特徴があります。

良いところは、ぜひとも取り入れていきたいもの。自分の成長にも繋がり、ステップアップできるきっかけが詰まっています。今回は、行動力がある人の特徴について迫っていきましょう。

 

責任感をもって行動する

行動力がある人には、責任感の強さが感じられます。瞬時な判断で素早く動くカッコ良さは、とても魅力的。スピーディーな対応に周りも助けられることが多く、納得させる力を感じるでしょう。

責任を持った決意や覚悟が感じられるからこそ、周囲の信頼も厚いのです。単独行動をしやすいイメージがありますが、チームのために動く一面もあるでしょう。

リーダー気質でありながら、周囲と一丸になって動くところに共感が得られることも多いのが特徴です。どんな時でも迅速に動くフットワークの軽さには、仕事が出来るオーラが漂っているでしょう。

 

素直に何でも取り組む

いろいろな物に興味を持ち、疑いを持たずに取り掛かるところも行動力がある人に多い特徴です。面倒だと感じることも、面白そうと感じたり疑問を解決させたりしますが、嫌がらずに率先して取り組む姿勢に驚く人も。好奇心旺盛な性格から、気になることは行動に移そうとするでしょう。

知識や経験を積み重ねていくと、固定観念が強くなり興味を持つことも少なくなっていきます。しかし、行動力がある人は、年齢に関係なく同じ目線になって取り組む姿勢を崩しません。

少年のように必死になって取り組む姿勢を見せるかと思いきや、紳士的な余裕の対応を見せるところもあります。このような、つかみどころのない人柄に憧れる人も多いでしょう。 行動力がある人になりたい!その5つの特徴とは-2

他人と比べず己を貫く

行動力がある人は、周りと自分を比較しない特徴を持ちます。仕事やプライベートなど、他人と自分を比較してしまう場合もありますよね。

劣っている部分を惨めに感じることもあれば、人よりも勝っている部分があると満足するのが人の心理。比べるつもりはなくても、気付いたら比較してしまうのはよくあることです。

しかし、行動力がある人は自分の意思や感情を曲げることはなく、自分という存在を築き上げようと努力を惜しまずに進んでいきます。周りと比べても仕方がないという思いを抱いていることも。

他の人を羨ましく思うくらいなら、もっと自分の生き方に向き合いたいと考えている人もいるでしょう。芯を通す強さは、意思も強く行動力に表れるのですね。

 

自分+誰かのために

行動力がある人は、自分だけでなく周囲のことを考えた行動を取ります。効率よくするための策を、惜しまずに提案するのが特徴。どのようにすれば、もっと良い方向へ進めるのかを常に考えながら行動するでしょう。

良くなることを考え過ぎて、空回りしたり失敗したりと人生経験も豊富にあるので、言葉や行動には説得力があります。

裏表がなく、強引なやり方に困惑する場面もありますが、周囲からは自分のためだけにしか動いていないと思われやすく損をするケースも。

人との繋がりをとても大切にしているので、みんながプラスになれることを模索しているのです。自分だけでなく、周囲のことも考えて答えを導き出そうと、まっすぐに突き進む強さを秘めています。

周りの人のためにもなることが出来るように、先を見越した考え方を身につけながら行動力に結び付けていけるでしょう。

 

目標は上を目指して努力する

常に周りを観察して、自分の出来ることを探す行動力がある人。目標を高く持ち続けているので、立ち止らずにチャレンジ精神が溢れています。自分を信じることで自信をつけていくタイプとして、努力を惜しまないでしょう。

どんなに成功しても満足をするのではなく、その先を目指すところがあるのも行動力がある人の特徴です。自分のやりたいことを頭の中でしっかり描いているので、思った通りの道を進んでいきます。そのためには、たくさんの知識や自分の身になるものを得ようと、学ぶ姿勢で周囲と接する姿もあるでしょう。

時間を有効に使おうと、計画を練ることも得意とします。脳内でイメージを繰り返しているので、いろいろな選択枠も考えています。そのため、トラブルが起きても動じることなく、解決策への行動が迅速に対応する頼もしい面も持ち合わせているのです。

 

まとめ

行動力がある人は、度が過ぎてしまうと単独行動へと繋がってしまいます。協調性を意識しながら行動に移すと、今まで以上にコミュニケーションの輪も広がるでしょう。

しかし、いろいろ考えると難しく思えて動けなくなることも。考え過ぎると動き出そうとする前に、心が疲れてしまう場合もあるのです。

多くの選択枠を増やすのは素晴らしいことですが、思考を絞ることも必要です。今までの経験とたくさんの取り入れた知識を熟知した上で、ポジティブな行動力がある人を目指していきたいですね。前向きな考え方が、動き出すきっかけになるはずです。

ページ上部へ戻る