自信喪失したときに・・・元気になれる6つの処方箋

自信喪失したときに・・・元気になれる6つの処方箋-1

自信喪失してしまうと、すべてのことがモノクロの世界のような気持ちに襲われることがあります。立ち直るまでの時間は、とても長く感じますよね。あの時の自分に戻りたいという思いが強くなると、不安な気持ちばかり駆け巡ってしまうことも・・・。

心が弱っているときはすぐに発揮できなくても、元気になれる力を誰もが秘めているのです。いつまでもこの喪失感に悩まされてばかりでは、自分がどうかなってしまうかもしれないと思い詰めてしまっていませんか。今回は、自信喪失から元気になれるコツをお話しします。

 

自分の心を休ませてあげる

自信喪失したときは、心を休ませてあげましょう。元気になれないときは、自信を取り戻す力も起きませんよね。休息をしないと、心も体と同じように疲れてしまいます。自信をなくしてしまったことが頭から離れない間は、心がどんどん擦り減ってしまうので心を休ませることが必要なのです。

いろいろなことを押し込んでしまうと、心も苦しくなってしまいます。この状態では心の容量が足りずに、自信喪失してしまう連鎖がいつまでも続いてしまいますよね。心の中をゆっくり整理しながら、いつもの元気を取り戻しましょう。

 

心の中の自分を応援する

自信喪失してしまったときは、自分自身を応援する気持ちを持つと、元気を取り戻せることができます。心の中の自分にエールを送るような感覚で自分を励ますと、ふと我に返ることがありますよね。自信をなくして塞ぎ込んでしまった気持ちを、解放することができるのは自分自身だと気づくことで、成長した自分を知ることができるでしょう。

客観的に心の中の自分を見てみると、真剣に物事に対して向き合っていたことに触れることができ、自分自身をもっと好きになれるかもしれません。

 

ストレス発散を楽しむ

自信喪失した自分に嫌気がさしたときは、思いっきりストレス発散しませんか?心が曇ったままの状態では、調子も出ないものですよね。こんなときだからこそ、好きなことを好きな分だけやってみると、気分も晴れてくるものです。ジョギングや筋トレをして汗を流すと、体全体が元気になる気がしますよね。このように、忘れられるようなことをやってみると、失った自信を取り戻すことができることがあります。

ストレス発散ができないくらいに心が曇ってしまったら、なにも考えずにゴロゴロ過ごすのもいいものです。負あなた自身が負担にならないような方法で、心を軽くしていきましょう。

 

空を見上げて深呼吸

自信喪失のときは、下を向いてしまうことが多いですよね。こんなときこそ、空を見上げませんか?空に向かって大きく深呼吸をすると、自然と笑顔になれることがあります。下を向いてばかりでは、ため息ばかりが出てしまいそうになりますよね。辛いときこそ顔を上げることで、気持ちが引き締まる気がしませんか?

無限に広がる広い空を見上げると、自信喪失している自分が小さく感じてしまいます。辛くなったときこそ、深呼吸をしながら溜め込んでしまった喪失感を吐き出して、新しい新鮮な空気を体内に取り入れましょう。

自信喪失したときに・・・元気になれる6つの処方箋-2

部屋の掃除をしてみる

自信喪失したときは、何も手に着かないことがありますよね。喪失感から抜け出せないときは、部屋の掃除や模様替えをして気分転換することをおすすめします。

いらない物を捨てると、部屋の中はもちろんですが心の中もスッキリしますよね。断捨離をすると、心の中も同じように整理整頓された気持ちになっていくのです。普段手が届かなかったところを掃除することで、忘れていた心を取り戻すことができますので、心の掃除だと思いながら隅々まで部屋を片付けていきましょう。

 

失敗は誰にでもあるもの

自信喪失を経験したことがない人なんて、数少ないですよね。様々な人生経験を積んでいくと、必ずと言っていいほど壁にぶつかり挫折を経験していきます。この繰り返しがあるからこそ、人は成長できるのではないでしょうか。失敗しない人は、挫折を知りませんよね。それでは、躓いたときの立ち直り方を知らないことになります。初めての挫折ほど、どうしたらいいかわからなくて戸惑ってしまうことも多いのです。

自信を失うくらいの辛い出来事は、これから先の人生であと何回経験するかわかりません。しかし、必ずこの辛さがあなたの強さに変わっていきます。もっと成長していくために、心の殻から抜け出す勇気が必要です。

 

まとめ

自信喪失は、今の自分を変えられるチャンスです。心がついていかないときは、自分自身をとことん癒してあげましょう。時には自分に優しくすると、元気になれることもありますよね。アメとムチを上手に使い分けることで、自己管理もできるようになるでしょう。

この経験をバネにして、なりたい自分になっていきませんか?今は、自分を信じることができないかもしれませんが、弱さを学んだことで強さを知ることができたことは素晴らしいことなのです。無限の可能性を信じて、あなたの新しい一面を見つけ出すための一歩を踏み出していきましょう。

ページ上部へ戻る