電話したい心理とは?女性の声を聴きたくなる時

電話したい心理とは?女性の声を聴きたくなる時

電話したい心理は、恋愛中の人なら一度は経験があるでしょう。恋人の声を聴いて元気を出したいと思う瞬間や、好きな女性の声が無性に聴きたくなる時など。

自分でもわからないほど、我慢できなくなる瞬間があります。そもそもメッセージでなく電話したい心理は、なぜ起こるのかご存知ですか。

男性が女性の声を聴きたくなるのは、頭でなく心で思うところがあるためなのです。特別な人の声は、自分をあらゆる気持ちにさせてくれますよね。

それは男性も女性も関係なく、同じように感じることなのです。具体的な理由がないのに電話をしたくなる時は、自分の心に正直になってみましょう。

すると相手の存在がどれほど自分にとって大切か、実感できる可能性もあります。では早速ですが、電話したい心理について詳しくご説明しましょう。

 

こんな時に女性の声が聴きたくなる

電話したい心理とは?女性の声を聴きたくなる時強く立派なイメージを意識して生活している男性も、時には女性の優しさが必要になることがあります。声が聴きたいと無性に感じるのは、次の場合があるでしょう。

 

孤独で寂しい時

一人で過ごしていたら、ふと孤独感が襲ってくることがありませんか。そんな時に誰かに会うほどではないけれど、寂しさを埋めるために女性の声が聴きたくなる時があります。

女性の声は優しく癒しになり、一人の心細い気持ちを励ましてくれるでしょう。寂しがり屋で甘えん坊の性格の人は、つい女性に母性的な寛大な優しさを求めて自分を受け止めてもらいたいのです。

彼女にしばらく会えない時には、声だけでも聴いてそばにいてほしいと感じるでしょう。

 

仕事のストレス

電話したい心理は仕事のストレスがあり、誰かに愚痴こぼしをしたい場合があります。なんでも話を聞いてくれる優しい女性なら、上司の悪口や文句を言いやすくストレス発散ができます。

仕事場の人間関係やミスなどは精神的にも辛く、外ではそんな弱みを見せることはできないでしょう。

強い男性像を意識する人はオンとオフのギャップが激しく、仕事に疲れた時に元気をくれる女性に癒しを求めています。

 

褒めてほしい時

男同士で自慢をし合うのは、ライバル意識を高めるだけです。でも女性なら、自分の成功を心から喜んでくれるでしょう。

そんな時に電話したい心理になり、彼女や女友達など異性の声が聴きたくなるのです。もっと自分を認めてほしいと思う時、好感度をアップしたい、気を引きたいと思う女性には仕事で上手くいった時にはすぐに報告したくなりますよね。

できる男だということをアピールするために、直接自分で伝えて相手の反応を知りたいのです。

 

酔った勢い

酔った時の行動は、後で考えると恥ずかしくなることが色々とあります。しかし酔った時だからこそ、普段自分では気がつかない本音が出てしまう時もあるでしょう。

酔った勢いで声が聴きたくなる女性。それには特別な意味があるはずです。友人ならメッセージでも済むはず。

でもあえて電話したい心理になるのは「酔っているから」ということを言い訳にして、自分を勇気づけているサインかもしれません。

好きだけれど告白ができない女性に対しては、酔った勢いで思わぬ行動に出てしまいます。

 

相手の行動が気になる

男性は好きな女性を自分のものにしたいため、常にとり巻く環境が心配になります。焼きもち焼きの人だと女性同士の行動ですら不安になり、友達付き合いにまで口出しする彼氏もいるほど。

今彼女が何をしているか、家にいるのかなど行動パターンが気になる時は、電話をして相手の声のトーンで確認したくなりますよね。

また夜眠れない時に、好きな女性が何をしているのか知りたくて声を聴きたくなることも。このような行動をチェックする態度。ほどほどにしなければ、女性から嫌がられる場合もあるので注意が必要です。

 

自分の存在を知ってほしい

電話したい心理は、相手をとても好きだからです。メッセージだけではわからないお互いの気持ちは、話し方や声のトーンで伝えらえることが色々とあります。

好きだけれどはっきりと態度に出せないシャイな男性は電話する心理が働き、自分の存在を印象づけようと考えます。

電話をする間柄が習慣になると徐々にお互いの生活にも入り込み、気がついたらかけがえのない存在になっていたというケースもあるでしょう。

気になる人に対しては、男性からアプローチをすることが大切。男性の最初の一歩を女性が待っている可能性もあります。

 

声が聴きたい時の心理状況

電話したい心理とは?女性の声を聴きたくなる時

女性の声が聴きたくなる心理について、考えられる意味を見ていきましょう。男性から積極的に電話をするのは、このような心理状態があるからなのです。

 

自分のために時間を使ってくれる喜び

メッセージなら好きな時に自分の都合に合わせて返信できますが、電話だと拘束されてしまいますよね。

そのため電話したい心理が働くのは、相手の女性が自分のためにどれくらい時間を割いてくれるかチェックしている意味があります。

適当に電話を切られてしまったら、その程度の関係。いつまでも話題が途切れず、相手が電話を切りたがらない態度だと脈ありの可能性があるでしょう。

たとえば遠距離の彼女に電話をした時、あっという間に時間が過ぎ気がついたら朝だったということもあります。

離れていても身近に感じるコミュニケーションは、自分が相手にとってどんな存在なのか知るチャンスになります。

 

純粋に声が聴きたいのは何故か

電話をして不審がられたら困るので、言い訳を考えて女性に電話をかけたことがありませんか。

忘れ物をした、話題のお店の情報を知りたいなど、さほど重要でない用件で電話をかけるのは純粋に声が聴きたいからです。

何故そんな気持ちになるのかは、好意を寄せているためなのです。たとえば普段あまり会話をするチャンスがない女性に一歩近づくには、何かきっかけが必要。

いきなり食事に誘うのは勇気が出ない、でもこのまま気持ちが悶々としたままでも困ります。

そんな時に便利なのが、電話で声を聴く行動です。電話をかけるあらゆる口実を考え、できるだけ自然に仲良くなれることが理想ですね。

 

夜中に電話したい心理

昼間はさほど考えないけれど、夜になると女性の声が聴きたくなる時がありますよね。退屈なので時間潰しにという人もいるかもしれませんが、夜に頭に浮かぶ女性は特別な存在の可能性もあります。

相手にとっては夜中の電話は無神経だと思われるリスクがありますが、何故電話をかけてきたのか女性がふと考える瞬間です。

夜は昼間よりもロマンチックになり、告白をすると成功率が高まるケースもあるでしょう。夜は素直になれる時なので、普段言えないことがすんなりと口から出てきます。

 

好きな人と電話で何を話すべきか?

電話したい心理状態の時、何も考えずに好きな女性に電話をかけて話が続かないのは困ります。

なんの用事?と不審がられたら困りますので、好感度をアップするには話題をある程度決めておくことが大切です。

好きな人なら「急に声が聴きたくなったから」だけでも、充分に相手に気持ちが伝わるはずです。

話題がない時は相手に色々と質問をして、二人の距離を近づけるのも電話をするメリットになります。

内容よりも電話のやりとりを習慣にすることが、好きな人との関係を進展させるコツでしょう。

 

まとめ

疲れた時や寂しい時などに、優しい声で励ましてくれる女性の存在があるのはありがたいことです。

そんな人がいる場合は何故そう感じるのか、自分の心の中に隠されている本音に気づくのも大切です。

声を聴きたいのは好きだから、好意を寄せているからなど、必ず気づくべき理由があるでしょう。

その根本的な部分を知ることが、恋愛関係をスタートさせる最初のステップになります。電話の向こうから聞こえる女性の笑い声。いつまでも自分のものにしたくなる瞬間ですね。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>甘える人の心理でわかる相手の性格

ページ上部へ戻る