夜しか会わない心理はなぜ?男性の思いについて

夜しか会わない心理はなぜ?男性の思いについて

夜しか会わない心理は、女性が男性を疑いたくなる原因にもなります。好きな人が相手なら、いつでも会いたいと思うもの。

しかし時間を限定してしまう相手には、ある種の特殊な感情を持っている可能性があります。

昼間に公園でデートをしたり、ランチをしたりして楽しい時間を過ごすのは、とても健康的な関係ですよね。

でも夜しか会わない心理があると、女性からは不審に思われるケースがあります。そのため上手く活用しなければ、大切な人に誤解されるかもしれません。

そこで早速ですが、夜しか会わない心理になる理由と、女性に避けられてしまう男性の怪しい行動についてご紹介しましょう。

 

夜に会いたくなる人の特徴

夜しか会わない心理はなぜ?男性の思いについて

人間関係は相手によってあらゆる行動パターンがありますが、会う時間帯は二人の関係性を示す場合もあります。男性が夜に会いたくなる女性の特徴について、詳しく見ていきましょう。

お酒を一緒に飲んでくれる人

夜は昼間とは違い、大人の過ごし方ができますので、お酒を飲む場合がよくあります。夜に会いたくなる女性は、よい飲み友達になってくれるタイプ。

仕事の愚痴こぼしやお互いの近況について、じっくりと話したい時はお酒の力が必要になりますよね。

でもお酒を飲まない女性だと、必然的に会う時間が昼間になってしまいます。夜はお酒が飲みやすい時間なので、気軽に飲める女性だと男性は誘いやすいでしょう。

 

時間に束縛されない人

急に一人でいるのが退屈になった時などは、男友達でなく女性と話がしたくなることがありませんか。

そんな時にいきなり誘っても、必ず応じてくれる女性であれば会いたくなりますよね。とくに夜は帰りの時間が気になりますので、時間に束縛されず一緒に遊んでくれる人は好都合な存在です。

近所に住んでいる女友達や一人暮らしで気楽な人がいると、時間に関係なく誘いたくなります。

 

仲がよい人

夜は急に孤独が不安になり、誰かのそばにいたくなる時があります。夜は何かと相手に迷惑をかける時間帯なので、よく知らない人をいきなり誘うのは抵抗があるもの。

仲がよい人ならお互いのライフスタイルを知っているため、夜でも会いたくなるでしょう。そしてわがままも言いやすいので、夜に暇になった時でもすぐに連絡できますね。

 

夜しか会わない心理はなぜか?

夜しか会わない心理はなぜ?男性の思いについて

夜しか会わない心理は女性から見ると、さまざまな疑問が湧いてきます。男性の深層心理を考え、なぜ夜しか会わないのか考えられる理由を見ていきましょう。

 

遊び相手

夜しか会わない心理は、女性は男性の目的を考え不審に思うことがあります。好きな人なら時間に構わず、一緒にいたくなるのが普通ですよね。

でも夜というのは大人の時間で、遊び相手に会うには好都合です。本命と思っていない女性だからこそ、誘ってみようと思う男性の心理もあるのです。

 

意外な展開を期待している

夜しか会わない心理は、意外な展開を期待しているためです。昼間には勇気が要ることでも、夜の方が楽に行動ができるケースもありますよね。

たとえば告白すること。夜になると真剣な雰囲気を作りやすいので、夜景の見えるところや二人だけの静かな場所に行くと、もっと親密になれるチャンスです。

好きな人や気になる女性とは意外な展開を期待して、可能性が高い夜しか会わない心理になる場合もあるでしょう。

 

ロマンチックになれる関係

夜に告白すると成功するチャンスが高くなるといわれるように、夜の孤独はつい人肌が恋しなくなり、精神的にも誰かを頼りたくなります。

夜はあらゆる想像力が湧いてくるので、つい普段思っていることを口にする場面もあるでしょう。

ロマンチックになりたい相手や恋人候補とは、夜の時間を一緒に過ごしたくなります。夜しか会わない心理は、急接近したい思いがあるのかもしれません。

 

自己中心的

相手の都合を考えず、夜になると暇なので女性に会いたくなる人もいます。自己中心的な性格は、自分の欲求を満たすことが何よりも優先されるもの。

昼間は仕事で忙しいので、暇な夜に会いたがる人もいるでしょう。よく知らない男性と夜に会うのは、女性が警戒する瞬間に。夜しか誘ってこない男性とは、距離を置きたくなるでしょう。

 

寂しがり屋

子供の頃に一人で寝るのが怖かった人や人肌が恋しくなる人は、夜になると女性に会いたくなります。

子供が母親に甘えるように、女性特有の寛大な優しさに包まれたいのでしょう。暗闇は精神的に不安になるもの。

一人暮らしで孤独や不安を感じると、毎晩誰かと一緒に行動したくなります。寂しがり屋の男性は女性に甘えるのが上手なので、誘われた人もすぐにOKしてくれるかもしれません。

 

男性の行動で怪しまれやすいもの

夜しか会わない心理には、女性から怪しまれやすいものが多いですよね。カッコいい人でも性格がよい人でも、行動パターン次第では女性が距離を置きたくなる場合があります。

そこで知っておきたいのが、女性が不安になる男性の行動について。注意しなければ、好きな人に誤解を与えてしまいます。

 

突然誘ってくる

数日前に食事したばかりなのに、また誘われたので脈ありなのかも?と女性が嬉しくなる瞬間。

そうかと思いきや、一か月くらい連絡来なくなり「何を考えているのだろう」と、疑問を抱いてしまう人がいます。

本命の女性なら必ず会いたいので、相手のスケジュールを確認して前もって約束をしておきますよね。

残業の帰りに食事相手が欲しい場合などは、「すぐ来られる?」と都合のよい誘い方をするでしょう。

突然誘ってくる男性は、自分の都合で振り回しているだけなので、恋愛関係に進展するケースは少ないかもしれません。

 

会うと話が弾まない

LINEではいつまでもやり取りが続くほど相性がよいのに、実際に会うと突然沈黙が続く人がいます。

せっかく女性が楽しみにしてデートをしているのに、これではあまりの温度差に引いてしまうでしょう。

会うと話が弾まない男性は、よほど相手の女性が好きで失敗したくないのか、実際に会った途端にモチベーションをなくしてしまうのか。

女性が前向きに解釈してくれるならよいのですが、一緒にいてつまらない男性の場合は、二度目のチャンスは来ないかもしれません。

 

予定を一切教えてくれない

今度いつ会える?と女性に質問されても、自分の予定を一切教えない人は、かなり疑い深い存在です。

二股をかけている人だとそれぞれと上手くやりたいので、プライベートはできるだけ内緒にしています。

明日の予定を聞かれても全くわからないふりをする人は、かなり怪しく見られてしまうでしょう。

本命の女性なら自分の予定は積極的に教えて、次のデートの予定をすぐに計画したくなります。

 

スキンシップが多い

夜しか会わない心理のように、女性に会う目的が限られている場合は、スキンシップがやたらと多く反応を窺っています。

こんな男性の態度は、女性が一番避けたくなるタイプ。女性の気持ちを知るためには、徐々に相手のスペースに入るのが大切。

いきなり手を握るよりも、まずは肩が触れるくらいの距離で隣同士に座るなど、慌てずに行動しましょう。

 

LINEを別の部屋で読む

LINEの着信音が鳴ると、他の部屋に行くのも怪しい行動です。女性の前でスマホを見ないのは、バレると困ることが隠している可能性があります。

たとえばデート中に何度もLINEの着信音が鳴るのに、一切反応しない人。「LINEが来たみたいだけれど、大丈夫?」と聞かれても「たいした用事じゃないから」と言うでしょう。でもなぜかLINEの着信がいつまでも続くのなら、怪しい可能性があります。

 

まとめ

夜しか会わない心理は、女性が疑いたくなる理由が色々とあります。誤解されたくない場合は昼間に会う時間を増やしたり、コミュニケーションによって相手の心を掴んだりしておきましょう。

 

☆こちらの記事も読んでみてくださいね。

>>>ロマンチストの心理とは?本音を探ってみよう

ページ上部へ戻る