他の男に取られたくない心理とはどんなもの?

他の男に取られたくない心理とはどんなもの?

他の男に取られたくない心理が湧いてしまうと、ついやりすぎた態度で女性に接してしまう場面があります。

男性はそもそも、ライバル意識が強い傾向があるでしょう。自分に属しているものは、取られないように必死に守らなければなりません。

それは仕事やキャリアだけでなく、恋愛にも共通すること。他の男に取られたくない心理が働く女性が自分のそばにいる時は、自分の感情を上手くコントロールしてしっかりとつなぎ留める必要があります。

相思相愛の幸せなカップルでも、時にはこんな不安を抱くケースがあるでしょう。だからこそお互いに、相手の気持ちをしっかりとつなぎ留めるためにも、自分を磨き続けなければならないのかもしれません。

それでは早速ですが、他の男に取られたくないと思う心理について、詳しくご説明しましょう。

 

他の男に取られたくないと思う心理はなぜ?

他の男に取られたくない心理とはどんなもの?

嫉妬や不安などのネガティブな気持ちは、恋愛にはつきものです。とくに男同士の戦いは、好きな女性の取り合いで友人関係が破綻することもありますよね。

なぜ他の男に取られたくないという心理が働くのか、気になる次のポイントを見ていきましょう。

 

過去の恋愛を引きずっている

男性はたとえ好きな女性がいても、気になる人が通りすぎるとつい視線を送ってしまいます。

本気と遊びをしっかりと線引きしていても、女性には通じない場面が色々とあるでしょう。他の男に取られたくないと思う心理が働くのは、過去の恋愛を引きずっているため。

たとえば過去に彼女に浮気をされて別れた経験がある人や、他の男性に好きな子を取られてしまった経験がある人。

このような辛い出来事はトラウマになるので、たとえ幸せな恋愛をしていても常に過去が蘇ってしまうのです。

もしくは、好きな女性が元彼を忘れられずに引きずっている場合も、男性はとても不安になりますよね。

 

大好きすぎる

彼女が自分の好みで大好き。いつも一緒にいたいほど夢中になっている人がいると、他の男に取られたくない心理が働きます。

自分の大切にしているものは、他の人にとっても価値があるものに見えてきますよね。たとえばブランドの腕時計。

自慢できるアイテムは大好きすぎて、つい守りに入ってしまいます。恋愛面でも同じで、自分の彼女がとても可愛らしく友人から褒められると、つい心配になり相手を疑ってしまう時があります。

大好きすぎる場合は冷静になり、プレッシャーを感じないように恋愛するのも大切ですね。

 

不安になりやすい

不安になりやすい性格の人は、安心するようにと彼女が言葉をかけてくれても、まだ不安が残ります。

もし他の男を好きになったらどうしよう、他の男から無理やりアプローチをされたらどうしよう。そんな「もしも」のことが、いつも頭から離れません。

幸せの絶頂期は楽しい毎日のはずですが、下降線にならないように不安な人はつい考えすぎてしまうのです。

デートをしていない間に彼女が何をしているかわからないなど、不安の矛先が彼女に向けられると信頼関係が崩れてしまうでしょう。

 

人を信頼できない

人を信頼できない人は、周囲の男性の視線が全て自分の彼女に向けられていると誤解しています。

たとえば好きな女性と出かけた時。すれ違いざまに女性が他の男性と視線を交わしたら、それだけでイライラや不安が襲ってきます。

お店のレジの男性が、彼女にニコッと笑顔で対応することすら許せないのです。人を信頼できないタイプは、彼女を取り巻く環境だけでなく、彼女自身が疑いの対象になってしまいます。

メッセージがすぐに返信されないと、浮気をしているのでは?などと、自分で自分を苦しめるようなネガティブな発想をしてしまいます。

 

彼女がとてもモテる

他の男性から、いつも注目されている美人。こんな人が、彼女や好きな相手だとすれば、常に周囲はライバルだらけです。

他の男に取られたくない心理が働き、女性の気を引くためにやりすぎた行動に出てしまうこともあるでしょう。

異性の視線ばかり気にすると、男同士の関係がダメになってしまいます。好きな女性の取り合いになり、結果的に友人も恋人も失うケースもあるでしょう。

本当に自分にとって大切な人は誰なのか、冷静に考えるのが必要です。モテる人を好きになると、安心して恋愛ができないのは仕方がないことかもしれません。

 

自信がない

自分はモテない、かっこ悪いなど。コンプレックスを抱く人は、周囲の存在が全て敵に見えてしまいます。

好きな女性が自分の元から去ってしまうのではないか、いつも不安になりそれが自分の魅力にもダメージを与えているのです。

コンプレックスは誰にでもあるものですが、ライバル意識をなくして平和な恋愛をするためには、自信を取り戻すのが必要です。

小さな苦手を克服し成功体験を積み重ねると、自信ある態度で女性の気持ちをしっかりとつなぎ留めることができます。

 

運命を感じる人だから手放せない

赤い糸で結ばれている。そんな運命を感じる人と出会うと、絶対に離れられなくなります。それと同時に他の男に取られたくない心理になり、いつも彼女を自分の手元に置きたくなるのです。

たとえば、何度か同じ場所ですれ違った人や、同じ時間帯に毎日会う人など。運命を感じる人は、誰にも渡したくありません。

そんな気持ちが強くなると強迫観念が湧いてしまい、二人だけの世界に閉じこもるようになってしまいます。

 

好きな人を離さない方法

他の男に取られたくない心理とはどんなもの?

好きな人を他の男に取られたくない時は、しっかりと自分のそばから離れないように、上手にアプローチしましょう。次のポイントを意識して、自然とお互いの繋がりを強化することが大切です。

 

お互いのスペースを大切にする

無理やり縛りつけてしまうと、逆に人は離れたくなるものです。信頼関係がないと相手の気持ちがわからず、不安になりますよね。

そんな時は逆にそれぞれのスペースを大切にして、自分だけの時間を有効に過ごしましょう。心のゆとりができると、自然とよい関係が築けます。

 

自分を磨こう

カッコいい男性や彼女好みの男性を見ると、つい焼きもちを焼いてしまうケースも。それは自分に自信がないためで、もっと魅力的になる努力が必要です。

エクササイズをしたり趣味の時間を過ごしたり、外側と内側から魅力的になるように工夫してください。

彼女の浮気が心配になるのは、他の男性のほうが魅力的に見えてしまうのが原因。気持ちをつなぎ留めるためには、自分らしく輝いて彼女に夢中になってもらいましょう。

 

やり過ぎた行為に注意しよう

他の男に取られたくない心理があると、彼女の行動の全てが気になります。周囲に他の男性を近づけないよう、いつも一緒に行動するようになります。

メールやSNSなどの付き合いも詳しく知りたいので、彼女にしつこく聞いてしまうこともあるでしょう。

このような束縛は、彼女を自分のそばに置くメリットにはなりません。逆に距離を置かれて、他の男性のほうに走ってしまう場合も。

自分が安心するために相手を縛りつけることは、失敗の原因です。信頼している気持ちをアピールして、干渉しすぎないように意識しましょう。

 

コミュニケーションが大切

他の男に取られたくない心理は、相手をとても大切に考えているためです。そんな時は二人のコミュニケーションが何よりも解決策となりますので、正直に不安な気持ちを伝えましょう。

 

まとめ

他の男に取られたくない心理は、人を好きになれば自然に起こるものです。それだけ大切に思う人を好きになるのは素晴らしいことだと、少しだけ余裕を持って恋愛をしてみませんか。

ライバルは、他の男ではなく自分自身。そう考えると不安が軽減され、周囲の存在が気にならなくなります。

 

☆こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

>>>一緒にいると落ち着く心理・癒される関係とは

ページ上部へ戻る