会話がうまくなる方法には何が必要?5つのコツ

会話がうまくなる方法には何が必要?5つのコツ-1

話すことが苦手でも、言葉を交わす機会は必ずあります。口下手なのに、接客業や営業というような仕事に就いていると、何を話していけばいいのだろうと悩むことも多いですよね。会話上手の人の話は、何時間聞いても楽しく飽きませんが、話下手の会話は退屈で場の空気が悪くなることも・・・。

あの独特な空気を体験してしまうと、会話を切り出すことが怖くなってしまいます。会話が苦手な人は、嫌だという気持ちを前に出し過ぎてしまうことから、言葉に悩んでしまうのです。それでは、会話がうまくなる方法についてお話しします。

 

苦手意識を捨てること

会話がうまくなるためには、苦手意識を捨てることがポイントです。会話が苦手だという人に多いのが、思い込みなのです。会話が苦手になったのはいつからでしょうか?恥ずかしい失敗談があれば、ハッキリと覚えていることもありますが、大抵の人は曖昧な記憶しか残っていませんよね。

苦手だと思い込んでしまっている自分がいると、会話する度に苦手意識が高まってしまいます。自分自身で決めつけてしまうのは、とても勿体ないことなのです。会話に対して苦手意識を持たずに、自然に話をしていきましょう。肩の力が抜ければ、楽しく会話も弾みます。

 

相手に合わせると会話が進んでいく

話をしていても、内容が膨らまずに同じ言葉を何回も、繰り替えし使ってしまうことがあります。困ったときは、自分の話を一方的に話してその場を取り繕っていないでしょうか。これでは、あなただけが一人でしゃべっていると言う感覚で終わってしまいます。話の内容が面白いものであれば、相手も喜んで聞いてくれますが、つまらないと思われていることもあるのです。

自分のペースで話していても、相手がついていけない可能性も考えられますよね。会話がうまくなる方法として、相手に合わせて話を展開していくと、話が盛り上がっていくことがありますので、おすすめです。

 

表情も会話に繋がる第一歩

会話がうまくなる方法の一つに、表情も重要な役割を果たしていることをご存知でしょうか。会話は、お互いの顔を見ながら話しますよね。相手の表情がつまらなそうな顔をしていたら、嫌な気持ちになってしまいます。

会話がうまくなりたいのに、どうして表情も気にしなければいけないのかと、疑問に感じる人もいると思いますが、表情は感情を伝える役割があるので、相手が一番気にするところでもありますよね。表情によって言葉が明るく聞こえたり、怒っているようにも聞こえてしまうのです。それでは、相手の表情を伺いながら会話を続けていかなければいけません。表情を明るく笑顔を心掛けることで、相手も気持ちが良く会話を楽しむことができるでしょう。

会話がうまくなる方法には何が必要?5つのコツ-2

会話の雰囲気は気持ちから

会話をしなければいけないと言う気持ちが強くなると、ストレスに変わってしまいます。義務のように感じてしまうと、言葉の掛け方も事務的な内容になってしまい、お互いがストレスを感じる会話の流れに・・・。これでは、相手を喜ばせる会話には程遠く、相手の返事も「はい」か「いいえ」のみの続かない会話で終了してしまいますよね。一方通行の会話だけでは、お互いに耐えられない空気が生まれてしまいます。

仕事で話をしなければいけない時やあまり親しくない相手との会話は、自分自身にプレッシャーをかけないように深呼吸をしましょう。話したいと前向きに思えない時に、相手を楽しませるような会話はできませんよね。あなた自身の気持ちが、そのまま会話の雰囲気を作り出します。

 

話を聞くプロになろう

聞き上手になることが、会話がうまくなる方法にあります。会話が得意な人は、会話を聞くことも得意です。人の話は、興味がないと頭の中に残りませんよね。一瞬でも気を逸らしてしまうと、話の内容も曖昧になってしまうものです。しかし、相手の話に興味を持ちながら耳を傾けていくと、聞いてみたいことがたくさん溢れてきませんか?

自分から話すことが苦手でも、聞き上手になることで相手の話題を中心に、話を展開させることができますよね。いろいろな人の話を聞いていくと、自分の知識として残っていきます。このたくさんの知識が財産となり、多くのジャンルの人とも会話が弾むことができるでしょう。

 

まとめ

会話が弾まなかったとしても、きっかけを掴めれば楽しい時間を過ごすことが出来ます。会話が途切れてしまうと、慌ててその場をなんとかしようと焦ってしまいますよね。緊張しすぎてしまっても、自分が出せなくなり空回りをしてしまうのです。極度の緊張は、相手にも伝わりますので、リラックスすることを意識していきましょう。緊張に慣れるのも、会話上手に近づきますよね。何事にも慣れが必要なのです。

会話がうまくなる方法を一つでも身に着けておくと、話すことも無言の空間も苦痛ではなくなります。会話を無理に進めるのではなく相手の様子を察しながら、お互いの緊張感をほぐせるような時間を過ごせたら素敵ですね。

ページ上部へ戻る