あがり症を改善して人前でも緊張しないコツについて

あがり症 改善

大勢の人前で話をするのが苦手。すぐに緊張してしまうという悩みを抱えている方は大勢います。あがり症を改善するにはどのような方法があるのでしょうか。

仕事や大切な場面では緊張できない瞬間もありますよね。そこで早速ですがあがり症の改善対策についてご紹介しましょう。

 

緊張感を受けいれること 

あがり症を改善する為にまず知っておきたいのは、「あがる」というのは決して悪いことではありません。人前に立ってプレゼンをする時など、緊張してしまうのは仕方がないこと。

それを無理に緊張しないように自分にプレッシャーをかけることが、さらにあがり症を悪化させる原因です。緊張するのは当たり前。そう開きなってみると、意外と緊張感が減ることがありますよ。

あがり症がひどくなると、手汗、赤面、ドキドキなど体にでる症状が色々あります。このような症状を自覚するとさらに自分が緊張しているとわかる為、症状がでるのは想定しておけばいいのです。

 

評価を気にしないこと

あがり症の特徴は、人の評価を気にしすぎる点。「こんなこと言ったら嫌われるかな」、「笑われたどうしよう」。そんな人の評価をいつまでも気にしていると、本来の自分の魅力を発揮することができません。

自分が満足することを意識して行動をとってみましょう。誰でも自分の自信を傷つけられると脳内ではアラームが鳴り、それがあがりの症状として体に出てきます。

緊張するのは誰でも同じこと。失敗してもいいんだと納得することがまず大切ですね。あがり症は脳内のメカニズムによるもの。思考方法を変えるだけでコンプレックスの改善になりますよ。

 

表情筋を鍛えよう

人前にでると緊張で表情がこわばってしまうことってありませんか。あがり症を改善するためには、まわりの人に緊張していることをバレないように意識することも大切。そこで表情を柔軟にすると自然な対応ができるようになりますよ。

話が上手な人は表情も豊か。表情筋がこわばっていると、発生も上手にできなくなる為、人前にでるときは大きく口を開き、「あいうえお」を発声するように動かしましょう。

また唇を尖らせて口を横に開く運動も繰り返します。顔の筋肉を柔軟にすると、自然な表情が作れますので、その安心感から緊張感が減るメリットがありますよ。

 

リラックスする呼吸法

あがり症を改善するためにはリラックス方法を身に着けることがポイント。どこに行っても緊張する瞬間ってありますよね。そこでその場を回避するための呼吸方法を覚えましょう。

基本は腹式呼吸。鼻から息を一杯吸い込みお腹を膨らませます。ゆっくり口から息を吐きだしお腹をへこませます。この呼吸を繰り返し、心拍数を安定させましょう。

ドキドキしている時は自分でも心臓の音が聞こえるほど。緊張感をなくすには、まず副交感神経を優位にするための呼吸方法が効果的ですよ。あがり症を改善して、緊張する苦手な場面をどんどん克服していきましょう。

 

まとめ

あがり症の悩みを抱えている方は、ちょっとした思考の転換が必要。緊張する瞬間は日常の中であちこちにありますよね。

あがり症を改善して、自分本来の魅力をもっと開花させましょう。無駄な緊張感を減らすことが一番大切な点ですよ。

ページ上部へ戻る