別れの予感を感じたときの行動6つ

別れの予感を感じたときの行動6つ

付き合っているのに何か違う温度差を感じるといった、別れの予感。悪い予感は的中して欲しくないですが、恋人との間に見えない別れの予感が漂う場合もあるでしょう。

別れを意識するにはまだ早いと感じる人もいれば、もう終わりだと覚悟を決めて決意する人もいて、胸の内で複雑な思いを抱えていることも。

なんとなく気付いていても、何もできずに別れを迎えてしまうのは悔いが残りますよね。今回は、どのような時に別れの予感を感じるのかをお伝えしていきましょう。

 

会えない時間が増えいく

別れの予感は、会えない時間の長さで感じてしまいます。どんなに忙しくても、会える時間を作ろうとしていたはずだったのに、いつの間にかデートの約束も減っていく状況に。会えない時間は、別れの予感を現実にしていくのです。

言葉が足りないと不安や疑いが膨らみ、信頼関係が崩れる恐れも。二人の間にすれ違いの隙間を感じた時は、相手の不安を取り除く優しさも必要です。

会っている時の中身の濃さを重視すると、会えないことを悲観的にならずに受け入れられるでしょう。

 

会話が続かない

久しぶりに会えて嬉しいはずなのに、会話が途切れてしまうことがあります。会話のすれ違いは、別れの予感を感じさせるものであり、相性が合わなくなってしまったと思い込む場合も。会話が続かない状態では、会っていても楽しめないため、別れの予感を加速させてしまうのです。

二人の貴重なデートも、話がつまらなくて間が持てなくなる焦りから、なんのために付き合っているのかと一緒にいるのが辛くなる場合も。会えなかった間に、起きた出来事を聞いてあげると会話も続き、相手の表情も明るくなるでしょう。

 

連絡がそっけない

彼女からのLINEの返信にそっけない内容が多くなると、こちらからの連絡も途絶えがちに。あんなに通知が来ていたのに、彼女からのメッセージが来ないと心配になると同時に、気持ちの変化を察する別れの予感もあります。

返信のそっけない文字を読む度に、虚しさと切なさがこみ上げてくる気持ちになります。連絡を取らなければ、この関係が終わってしまうのではないかという、別れの予感に耐えられずにメッセージを送る人も。彼女からの返信が来なくなるのではないかと、ビクビクしている自分がいるでしょう。

別れの予感を気にしてばかりでは、送る内容も重く返信しづらい可能性も。明るく爽やかな内容を心掛けてみませんか。彼女の返信にも変化が表れるでしょう。 別れの予感を感じたときの行動6つ

スマホを見る機会が増えた

デート中も、スマホに目を向ける時間が長くなった彼女の態度に、他の男性の影を感じる悩みも。別れの予感が頭をよぎりますが、確信がないので言い出しにくく苛立ちを隠せない人もいます。

スマホを覗こうとすると、慌てて隠す様子に怪しさが増すばかりです。彼女の連絡相手に嫉妬する自分がいる時は、じっと耐えるのではなく素直な気持ちをぶつけることが大切。

男性からの思いがけない嫉妬を、嬉しく感じる女性もいるのです。男が嫉妬するなんて恥ずかしいと思う人もいますが、彼女と別れたくないと思う気持ちがあるなら、素直に向き合う姿勢が求めらるでしょう。

 

目を合わせようとしなくなった

彼女が目をそらすことが多くなると、隠し事をしているのではないかと疑いの目を向ける人も。怪しいと思いながら接していくうちに、別れの予感に気持ちが傾いてしまうでしょう。

スキンシップも減っていき、彼女に対する不満も爆発寸前に。しかし、自分で思い込んでしまったことが原因で別れを早めてしまっているのです。

疑うあまりに、彼女に対して威圧的な態度を取っていた可能性もありますよね。相手を疑うよりも、信じられない自分の気持ちを改めて整理したいところ。

威圧的な態度は、彼女の心を傷つけてしまうこともあります。自分の態度を見直してから、落ち着いた状態で彼女と話し合う時間を設けましょう。

 

彼女の話を一番に聞いてあげよう

別れの予感は、すれ違いが原因として挙げられますが、自分の気持ちばかりを尊重してしまい、相手の話を聞いていない場合が多いのです。

自分のことを正当化したくなるのは、相手に自分の気持ちを知って欲しいからですよね。お互いに、話したいことがたくさんある証拠です。別れの予感が頭から離れなくなり、臆病になっているだけの場合も。

わかってもらいたい思いを伝える前に、彼女の話を一番にじっくりと聞いて受け止めてあげましょう。大きな愛で包んであげると、彼女との壁もあっという間になくなります。今まで通りの関係に戻れる可能性は高いでしょう。

 

まとめ

別れの予感は、付き合っているといつかは訪れるものですが、立ち止って考えてみる機会でもあり、別れを教えてくれるものとして感じる訳ではないのです。

このままの状態は良くないと、なんとかしたいと思う気持ちの表れであり、二人が感じている危機とも言えるでしょう。

別れの予感は、幸せになるための試練です。どんな時もお互いを信じる強さを持って、最高のパートナーになりたいですね。自分のことよりも、相手の気持ちを考えながら寄り添える関係を目標に、愛を確かめ合っていきましょう。

 

☆こちらの記事も関連しています!

>>>別れを受け入れられない時の対処法

ページ上部へ戻る