好意を示すのが得意な人の5つの特徴

好意を示すのが得意な人の5つの特徴-1

好きな人に好意を示す方法は人それぞれですが、難しいと感じる人は多いもの。相手のことを考えると、姿を見つめるだけで精いっぱいという人もいるでしょう。

好意を示す態度をとると、どのような反応が返ってくるのか気になりますよね。わざとらしい態度では、好意が上手く伝わらない可能性も。しつこいと思われないためにも、好印象を残したい思いも。

相手に嫌悪感を抱かれずに好意を示すには、いくつかの共通点があるのです。今回は、好きだと上手にアピールする人の特徴を、一緒に探っていきましょう。

 

目が合う頻度で好きを表現

好きな人を目で追いかけてしまうように、目は感情を素直に表します。この好意を示す態度は、男女共に好きを予感させるものとして、意識させるきっかけに。無意識に好意を示すので、口下手な人にも簡単にできるしぐさでしょう。

視線が合う度に、胸の高鳴りが大きくなるもの。見つめる目ヂカラには、熱いものを感じますよね。女性は、細かいところを敏感に反応します。

視線に気付き始めると、次第に相手を意識して気になっていく可能性も。じっくり見つめているよりも、目が合った瞬間にそらすテクニックが好意を示すコツ。

恋愛は駆け引きも大切ですよね。視線にも気を引く要素が詰まっていますので、不快に思われないような目の合わせ方を心掛けましょう。

 

輝く笑顔が印象的

気になる人と会話をすると、笑顔の輝きがいつもの笑顔とは違い好意を示す表情に変わります。嬉しさが表情に表れるので、見たことのない豊かな表情に自分でも驚くほど。

内側から溢れ出す喜びや嬉しさが、今までにない笑顔を作り出してくれるでしょう。しかし、あからさまに表情を変えて接するのは、周囲からみても良い印象を受けません。どな時でも笑顔になれると、好感度も良くなるコツに。

素敵な笑顔には、引き寄せられるオーラがあります。周りを幸せにする優しさやおおらかさが、好感度を高くするポイント。最高の笑顔は、人を惹きつけますよね。笑顔で接すると、お互いに気持ちが良いものです。気になる人に好意を示すためにも、笑顔で接しやすい人を目指しましょう。

好意を示すのが得意な人の5つの特徴-2

好きな人の近くにいる

好意を示すには、相手との距離感も考えるところ。自分の気持ちが伝えやすい距離に近づきたくなります。自己アピールが得意な人をみると、好意を抱いている存在から近い場所にいますよね。少しでも相手との距離を縮めたいとの思いが表れている証なのです。

しかし、わざとらしく自分の存在をアピールすると、周囲にも反感を買う場合も。避けられてしまうリスクも高く、嫌がられるパターンがありますので、清潔感にも気を配り程よい距離感を保ちながら存在をアピールしていきましょう。

いつでも近くで、冗談が言い合えるような関係も素敵です。ただ近くにいるだけではなく、どのような存在になりたいのかを考えておくことが大切ですね。

 

共通の好きなものがある

趣味や感覚が似ていると、親近感が沸いて急接近に繋がる展開に。共通点から仲良くなれるケースも、好意を示すのが得意な人の特徴です。相手が自分の話に興味を持ってくれると、好意を示すタイミングが多く訪れるもの。

興味のある話や趣味を一緒に堪能できる時間を共有することができますよね。LINEも気軽に送りやすく、メッセージのやり取りも盛り上がります。

楽しい時間を過ごせると、もっと一緒にいたいという気持ち沸き起こるもの。誘えるきっかけも増えて、仲良くなれる可能性が高くなります。仲間や同僚としての好意を示す態度から、特別な感情が生まれるのは、今後の接し方次第で変わり始めるでしょう。

 

相手の気持ちが理解できる

仕事や人間関係で悩んだ時に、自分の気持ちに共感してくれる存在に心を動かされることも。相手に悩みや考えを理解してもらえると、つい頼りたくなる心境になるでしょう。

相手の気持ちに寄り添いながら、好意を示す場合もありますよね。的確なアドバイスが出来なくても、話を聞くだけで解決への道が切り開くきっかけになる可能性も。いろいろな角度から話を聞いてもらえると、かけがえのない存在へと変わっていきます。

心から信頼できる相手には、そばにいてもらいたくなるもの。見えない心の繋がりが、お互いの好意を示すものへと絆を深めていくでしょう。表面だけでなく心の内側を理解することで、人としての信頼関係を築いていきたいですね。

 

まとめ

人に好感を抱いてもらえるのは嬉しいですよね。好意を示すのが得意な人は、外見だけではなく内側から溢れ出す人の良さを感じさせます。

さりげなく好意を示すので、他の人がその場に居ても気まずい空気にならないでしょう。これも、気遣いができる技であり、真似したいところです。目立つことを行うのではなく、相手の心に近い存在になれるような努力をするのがポイント。

自分の接し方によって、相手の態度も変わります。自分ばかりをアピールせずに、相手の気持ちを尊重した行動を心掛けていきたいですね。気持ちが伝わる関係を築いていただけるように、少しの工夫をしてみましょう。

ページ上部へ戻る