色白だと男らしくない?マイナスイメージを取り除くための手段とは

色白だと男らしくない?マイナスイメージを取り除くための手段とは

色白なことを悩む男性は、多いかも知れません。確かに、小麦色の肌は男らしさが感じられたり頼りになりそうな雰囲気に見えることもあるでしょう。

しかし、焼けばいいとは言っても、色白の人は赤くなるだけでなかなか日焼けができない場合もあり、さらにシミになりやすい傾向もあると言われていますよね。

そこで今回は、色白の男性が魅力をアップし自信を持つための手段をご紹介します。

 

色白が際立たないヘアとファッション

濃い色は白を引き立たせます。そのためヘアもファッションも、濃い色を選ぶとより色白の男性ということを際立たせる可能性があるでしょう。

肌に近い髪の色は、少し明るくすることで真っ黒な髪よりも色の白さを感じにくくなります。またファッションは淡い色使いのものを。薄いベージュや白などは、色白を目立たせません。濃い色のアイテムを使用したい場合には、小物などの差し色で使用すると良いでしょう。

また髭やもみあげは、色白な肌にはとても目立つものです。整っていないと不潔な印象を与えることもあるため、こまめに手入れをしましょう。

 

筋肉をつけることで、頼りない雰囲気を払拭

色白の男性が悩むのは、色が白いことで気弱に見せてしまうと感じているからではないでしょうか。確かに色が白くさらに細身の体型なら、より弱々しい雰囲気になる可能性は高くなります。

また、黒い肌はそれだけで引き締まって見えますが、色白で脂肪が多いとだらしなく見えることも。

それを避けるためにできることといえば、脂肪を増やさないようにしつつ筋肉を鍛えて男らしいシルエットにすること。鍛えられた男らしい体つきなら、色白のマイナス面は払拭できるでしょう。

 

どうしても日焼けがしたいなら

色白で悩む男性の多くは、日に焼こうとしても焼けないから悩んでいると思います。肌を黒くする以外の選択肢は考えられないという人の改善法なら、日焼けサロンやタンニングローションを使用すること。

日焼けサロンでは強さや時間を選べる場合があるため、きれいに日焼けができる可能性が高いです。短時間の弱い光での日焼けを何度か繰り返すことで、赤くならずに肌を焼くことができる場合があるため、試してみましょう。

または、タンニングローションと言われる肌に塗るだけで小麦色の肌に近づけるローションの使用。これらは肌を着色するのではなく、角質に含まれるタンパク質とジヒドロキシアセトンという成分が反応して肌の色が濃くなるという方法です。

メラニン色素ではないため、肌へダメージはないと言われているため安心。ただし、ムラなくきれいに塗らなければ、または商品によっては色ムラができ、逆に清潔感を欠く可能性があるため注意が必要です。

 

色白の男性は恋愛対象にならない?

色白の男性は女ウケが良くないと考える人もいるとは思いますが、あるアンケートでは色白を好みだという人が半数という結果だったと言われています。最近では男性でも紫外線対策をする人も多く、女性は男性の肌の色にはそれほどこだわりがないとか。

また色が黒ければ好印象というわけではなく、逆にチャラチャラしているように見えたり、焼け方によっては不潔な印象を受けることもあると言う意見も。

一方、色白の男性には優しさを感じたり、清潔感があるという評価もあるため、色白=モテないと思うのは間違いと言っても良いかもしれませんね。

 

まとめ

色白の男性でも、魅力的に見せることはできます。男らしくありたいというのであれば、肌の色だけでなくスタイルや行動でも表現できるでしょう。

諦めずに色々な方法を試し、自信を持って生活してください。その自信も男らしさの一部になるでしょう。

ページ上部へ戻る