会話下手な人が会話上手になるための5つのポイント

会話下手な人が会話上手になるための5つのポイント

会話下手な人にとって、会話そのものが苦痛と感じることもあるかもしれません。会話下手な人は上手く会話をしたいのにいざ会話をするとなると出来ない自分に嫌気が指してしまうことや、気まずくなることを恐れてさらに会話から距離を置いてしまう人もいるでしょう。

そんな会話下手な人の中にも出来れば会話上手になりたいと思う人も多いはず。今回はそんな会話下手な人のために、会話上手になるためのポイントを5つ紹介していきます。

 

無理に話そうとはしない

会話下手な人に多い特徴には、頑張って会話をしないと!と会話を義務のように感じているということ。確かに会話をしなければならない場面というものがありますが、無理をしてする会話が楽しいものになるわけがありません。

話を盛り上げないと、会話を続かせないようにしないと、と会話に対してハードルを上げていることが多いのが会話下手な人の特徴なので、無理に話そうとはせず、今会話をする雰囲気や状態じゃないと思った時には無理をしないことが大切です。

 

相手の会話からキーワードを読み取る

会話というのは、キャッチボールと比喩されるされるものです。相手が出した言葉や文章に含まれているキーワードが、今の会話の話題となっているので、そのキーワードを読み取ることが大切です。

キーワードを読み取ることが出来れば、それに関連する話題や話などを出すことも出来るので、自然と会話を盛り上げることが出来るのです。しかしいきなりキーワードを読み取り会話をすることは難しいと思うので、まずはキーワードを探してその人の好みを知ることから始めてみるといいでしょう。

 

質問をする

自分から話題を出そうとしてしまう、それが空回りをしてしまうというのが会話下手の特徴の1つです。確かに自分から話題を提供することが出来る人というのは、会話上手という印象が強いと思います。しかしいきなり出来るものでもありません。

会話下手な人がやることは、相手の会話を聞いて、とにかく質問をするということ。相手が話す話題というのは、自分に質問をして欲しい聞いて欲しい話題でもあるので、質問をすることで相手は喜びます。会話もさらに弾んでいくので、まずは質問をするところから始めましょう。

 

思いついたものをとにかく話題にする

口下手な人にとって、話題探しは重要なポイントとなっているかもしれません。それは話した内容がつまらないと思われていたり、どう思われているかが気になり心配になるからだと言えます。

しかし話題は世の中にはたくさん溢れていて、人によって話題への興味関心も異なるものであり、自分が選んだ話題が決してつまらない話題だったというわけではありません。とにかく思いついたものを話題にすることによって、思わず会話の幅が広がるということもありえるので、何も考えずどんどん話題を出していきましょう。

 

相手の話に耳を傾ける

会話上手な人は聞き上手でもあります。というのも、会話をするというのは相手がいてこそ成り立つものであり、その人の会話には話し手の好みもあれば価値観もあり、さらに悩んでいることもあります。

耳を傾けることによって、その人が考えていることや悩みを知ることが出来ますよね。知ることが出来たということは、その人にまつわる会話を手に入れたこととなり、それを会話に使うことによって会話が成立するのです。

会話下手な人は会話をしないと!という気持ちになりますが、会話をするだけでなく聞くことも会話上手になるための秘訣なのです。

 

まとめ

会話下手な人の大きな特徴というのが、会話に対して必要以上に気合を入れすぎているということ。意識をしすぎてしまうと周りが見えなくなってしまったり、せっかくの相手の会話を聞き流してしまうことになり、失礼に値します。

無理をして会話をしようとせず、自分が出来るところから会話下手を克服していくことが会話上手への道だと言えるので、今回紹介した5つのポイントを参考にして会話下手を改善していきましょう。

ページ上部へ戻る