集中力を高めるコツを極めよう!今スグ実践したくなる方法

集中力を高めるコツを極めよう!今スグ実践したくなる方法-1

集中力を高めるぞ!と意気込んでも、なかなか集中できずに時間だけが過ぎていく・・・こんな経験はありませんか?気持ちはヤル気に満ち溢れているのに、集中力が足りない・・・。このままでは、思った以上の成果を上げることは難しいですよね。集中力が散漫になりやすいときは、やはりどんな手段を使っても無駄なのかと悩んでしまいます。

自分の意識の問題なのか、それとも環境が悪いだけなのかと考えてばかりいても、謎は深まるばかりですよね。集中力を高めるためには、何を実践していけばいいのでしょうか。

 

集中できる環境作りを始めよう

集中力を高めるためには、環境も影響すると言われています。部屋の整理整頓はもちろんですが、集中できるように瞑想やヨガ、ストレッチなどを準備運動代わりに行うことで、体も集中モードに切り替わりやすくなるのです。気が散らないような環境作りをしていくと、心も体も研ぎ澄まされた感覚になりますよね。新鮮な気持ちは、ヤル気をさらに高めてくれるでしょう。集中できる音楽CDもありますので、リラックスしながら環境作りを始めていきませんか。

集中力を高めるための環境作りは、自分自身にイメージさせながら脳内に思い込ませます。自分自身に思い込ませることで集中力も高まるように意識していきましょう。

 

規則正しい生活が大事

集中力を高めるためには、睡眠不足の状態では難しいことがあります。集中しようと意識を切り替えている最中に、睡魔が襲ってくると辛いですよね。気付いたら寝てしまった・・・ということもあるかもしれません。

集中力を高めるには、規則正しい生活を続けることで睡魔から切り離すことができるのです。イライラすることも少なくなるので、気が散ることも減少するでしょう。注意力が散漫になるのは、不規則な生活が原因とも言われていますよね。

集中力を高めたいのであれば、6~7時間の睡眠を確保できるような生活スタイルを作り上げていきます。まとまった睡眠が取れないという場合は、一日の睡眠時間が6時間~7時間になるように調節すると、睡魔が集中力を阻止することも少なくなっていきますのでお試しください。

 

やる前に計画を明確に立てよう

集中力を高めるようにするには、計画をしっかり立てておくことが大切です。なんとなく仕事や勉強に取り掛かかっていても、集中できる瞬間が訪れるとは限りませんよね。始める前に目標を決めておき、何時までに終了させるという具体的な計画を立てると、集中力も高めることができて効率よく進めることができます。

先が見えないものに取り掛かると、どうしても途中で挫折してしまうことはありませんか?集中力も続かずに、ダラダラと取り組んでしまうかもしれませんね。しかし、自分自身でこなせる所までを目標にして取り組むと、ゴールがわかるので最後まで気を抜かずに、達成させようという気持ちが働くのです。今の自分の状態を考えながら、計画を立てていくのがポイントです。無理な計画を立ててしまうと、途中で飽きてしまう可能性がありますので、よく考えながら計画を立てていきましょう。

集中力を高めるコツを極めよう!今スグ実践したくなる方法-2

時間で区切って集中力UP

集中力を高めるためには、あらゆる角度から集中できるための工夫をすることが高めるコツです。ダラダラ過ごすことが習慣になってしまうと、集中するまでに時間が掛かってしまうため、どうしても時間にもバラつきが出てしまいます。人が集中できる時間は90分と言われています。しかし、10分間も集中できるのか不安ですよね。長時間の集中力には自信がないという場合は、10分から15分ごとに区切りながら、集中力を高める方法をおすすめします。

集中力の高まりが意識できるようになってから30分、60分というように集中力を維持できる時間を長く設定していきましょう。このように、時間を設定することで脳の切り替えを行います。一区切りついたら、ストレッチや飲み物を飲んで頭を休めることも大切です。休憩時間を長めにとってしまうと、集中できなくなってしまいますので、短時間の休憩を心掛けることがポイントです。

 

ご褒美も忘れずに

集中力を高めることができたら、思いっきり自分を褒めてあげましょう。子供の頃に何かをやり遂げた時には、ご褒美としておやつをひとつ多くもらった経験や、ゲームの時間がいつもより多く与えてもらえたりと、ご褒美をもらったことはありませんか?

ちょっとしたご褒美があるだけで、ヤル気も変わることがありますよね。達成した後は、頑張った自分へなにかご褒美を考えておくと、楽しみが増えて気分も上がります。

 

まとめ

集中力を高めるためにいろいろなことを試したくなりますが、中途半端にすべてを取り入れようとすると、それだけで疲れてしまいますよね。持続できそうなものから取り組んでいき、一番集中できる方法を見つけていきます。

この方法を身に着けられると、嫌なことがあっても上手く自分自身で切り替えることができるので、心が強くなるかもしれません。集中力が高まるように、気になる事や悩み事は溜め込まないようにして、心のストレスを軽減させましょう。

ページ上部へ戻る