付き合う前のドキドキを感じる5つの時

shutterstock_707319532

付き合うまでにドキドキする瞬間って多いですよね。どちらかというと、付き合ってからよりも、付き合う前のほうがドキドキする刺激的な瞬間は多いと言っても過言ではありません。人は共感をしたり刺激を得ることによって恋愛のモチベーションを上げることも出来るようになるので、付き合う前のドキドキはどんな瞬間か、様々な意見を見ることによって、今恋愛を楽しみたいという人、恋愛のモチベーションを上げることが出来るでしょう。

そこで今回はそんな恋愛のモチベーションを上げたい人やドキドキしたいという気持ちを持っている人のために、付き合う前のドキドキを感じる5つの時に注目していきたいと思います。ドキドキするのはどんな瞬間なのか、付き合う前のドキドキ感を感じたい…そんな人は是非チェックしてみてください。

 

LINEやメールをしている時

付き合う前のドキドキする瞬間と言えば、LINEやメールをした時ではないでしょうか。付き合う前に、好きな人や気になる人とLINEやメールなどのやり取りをするのって、とってもドキドキしますよね。相手と連絡先を交換し、まだあまりLINEやメールをしていない時は心臓が壊れてしまうのではないかというくらい、ドキドキした経験がある人も多いでしょう。

付き合う前にLINEやメールなどの連絡を取るのは付き合うために必要なことでもあります。LINEやメールは二人の距離を縮めるコミュニケーションツールなので、上手く使うことによって相手を知り、相手に自分を知ってもらい、その度にドキドキしてしまうものですよね。連絡先を交換したばかりの頃、連絡を取り合うことに慣れ始めた頃…どんな瞬間でも付き合う前のLINEやメールはドキドキしてしまう瞬間が多いのです。

 

電話をした時

付き合う前のドキドキする瞬間には、電話をした時も挙げられますよね。LINEやメールとは違い、電話は一気に二人の距離が縮まった感じがして、電話をしている最中、終始ドキドキしてしまうものだと思います。電話の声って普通に会って会話をするよりも、どこか特別な感じがして、よりドキドキ感を感じさせるものにもなりますし、電話は二人でするものだからこそ、二人の時間を過ごしていると強く感じてしまい、さらにその気持ちがドキドキ感を加速させてしまうことにもなりますよね。

また電話をすると二人の距離が一気に近づきます。他の人よりも親しい関係になった感じも電話をした直後から実感出来る瞬間も増えてくるので、より付き合う前のドキドキ感をたくさん味わうことが出来るのです。

shutterstock_700569079

付き合う前にデートをした時

付き合う前にデートをすれば誰だってドキドキしてしまいますよね。付き合う前のデートは大きなアピールポイントになりますし、上手くいけば付き合うきっかけにもなる恋愛の大チャンスです。付き合う前のデートはドキドキする中で上手く距離を縮めていく必要も出てくるので、好きな人と一緒にいられるというドキドキや上手くアピールをすることが出来るかな…という不安なドキドキまで、たくさんのドキドキが詰まっているものだと言っても過言ではありません。

また付き合う前にする初めてのデートは、最もドキドキする瞬間だという人も少なくないと思います。上手くいけば付き合える、ちゃんとアピールをしなくてはいけない、というドキドキ感ももちろんありますが、好きな人にアピールをしてデートまで漕ぎ着けたという事実に興奮し、最高潮にドキドキしてしまうのは付き合う前にする初めてのデートならではのことですよね。

この緊張やドキドキは、付き合う前のデートだからこそ感じられるものでもあるので、付き合う前のドキドキの中でも最高に甘酸っぱいドキドキだと言っても過言ではないでしょう。

 

相手の好意を感じた時

付き合う前にドキドキする瞬間…それは相手の好意を感じた時もありますよね。付き合う前にたくさんのアピールをして、少しずつ距離を縮めていって…そんな中で少しでも相手の好意を感じ取ることが出来たら、「もしかして相手も自分に対して興味があるのかも」と思ってしまいます。

しかし恋をしている人は臆病なもので、相手の好意を感じたとしても、自分の勘違いかも…と思ってしまうことも多いですよね。そんな否定と相手からのさりげない好意の連鎖に、より胸はドキドキしてしまい、より相手に夢中になってしまう…そんな経験を持っている人が多いでしょう。

よく「片思いが一番楽しい、ドキドキする」「相手が好きかどうかわからない時が一番ドキドキする」という意見を耳にするのも、こういったジレンマがあるからこそでしょう。

shutterstock_595570679

思いがけず急接近した時

付き合う前に、思いがけず急接近する時もありますよね。思わぬタイミングで急接近してしまえば、ドキドキは誰だって抑えられません。むしろドキドキは加速する一方ですし、思いがけず急接近したからこそ、この先どうなっちゃうんだろう…という期待と不安で頭が真っ白になってしまう人も少なくないと思います。

例えば思わぬ出来事がきっかけでとても仲良くなってしまったり、ただ見るだけの相手だったのに連絡先を交換することになったり…学生時代ならば席替えをして席が隣になる、なんていうのもベタですが思いがけず急接近してドキドキしてしまうシチュエーションですよね。

 

まとめ

付き合う前のドキドキを感じる5つの時について注目をしてきました。付き合う前にドキドキを感じる瞬間ってとても多いですよね。それだけ相手の考えていることがわからないから、二人がこの先どうなっていくか予想が出来ないから…そんな不確かで不安定な状態だからこそ、よりドキドキしてしまうのです。

しかしそんなドキドキも甘く、濃厚なものにしてしまうのが恋愛というもの。ドキドキした分だけ夢中になる、恋のモチベーションに繋がるため、付き合う前のドキドキを味わっている人はより深く、その感覚を味わい、恋愛を楽しんでいきましょう。今恋愛をしていないという人も、今回紹介したことをヒントに、自分の過去を振り返ってみてください、消えてしまった恋の炎が再び灯り、恋をしたい気持ちになるはずですよ。

ページ上部へ戻る