付き合う前のデートで意識しておきたい5つのこと

付き合う前のデートで意識しておきたい5つのこと-1

付き合う前のデートは、次のステージに行けるかどうかの分かれ道。大切な時に失敗しないために、色々な努力をしている人多いですよね、よい方向に進展するためにはいくつか意識するべきことも。

付き合う前のデートは性格を判断するために、お互いが細かくチェックをしたい時でしょう。でも実際は緊張して思うように距離感がなくならない場合が多くて、付き合う前のデートによっては、進展せずに終わってしまうこともあるのです。

そんな残念な結果を迎えないために、付き合う前のデートで意識しておきたい5つのポイントをご紹介していきましょう。

 

相手の都合に合わせること 

付き合う前のデートは進展を急ぎたくて、つい自分のペースを相手に押し付けしまう場合があります。デートの頻度や行き先などは必ず相手の好みや都合を優先してあげる心使いが大切に。

完全に任せてしまうと、自分の意思がない人だと思われてしまいますので、どこに行くか迷った時は、提案風として意見を伝えると良いでしょう。

付き合う前のデートは、あまり頻繁すぎるのも相手が負担になる原因です。いきなり習慣的にデートをするのは、生活パターンが乱れる可能性もあるでしょう。

うまく相手とタイミングを合わせて、会えない時はLINEや電話でやりとりをするのがベスト。この時も無理に返信を強要するメッセージや仕事中や夜中などの時間に連絡をしないなど、迷惑にならないように注意をするのが大切です。

付き合う前のデートで意識しておきたい5つのこと-2

自分の話よりも聞き役を意識すること 

付き合う前のデートは、お互いに知りたいことがたくさんありますよね。会話が二人の距離をなくすためのツールになりますので、楽しくていつまでも話題が途絶えないような雰囲気作りが重要に。

でも気になるのは今後の展開です。少しでも好感を残そうと思い、自慢しすぎたり、自分の話ばかりになったりしてしまう人も。これでは完全に相手の存在を無視した状態になりますので、次のデートの可能性は低くなってしまうでしょう。

付き合う前のデートは、会話では自分よりも相手を優先させること。聞き役に徹して知りたいことをどんどん質問してみましょう。自分の話をしっかり聞いてくれる人に対しは、信頼がしやすいと感じる人は多く、心を開いてコミュニケーションができるようになります。

 

ネガティブな発言は避けること

付き合う前のデートでは、なるべくネガティブな発言は避けましょう。楽しく過ごしたいデートなのに、人の悪口や愚痴ばかりでは雰囲気が暗くなってしまいます。

レストランの食事がまずかった、店員の態度が悪い、混雑してつまらないなどモチベーションが下がるようなコメントは、デートではNGに。

どんな場面でも楽しく過ごせるようなプラス思考の人なら、カップルになって喧嘩してもすぐに仲直りが出来ますよね。付き合った後を想定しながら、デート中はお互いを判断していますから、いつまでも一緒にいたくなるような人柄をアピールしましょう。

暗い表情でいつもマイナス思考の人は、どんなに寛大な人でも恋人関係を続けるのは難しいですよね。

 

カップルの多いデートスポットは避けること

付き合う前のデートは、どこに行ったらいいのから分からないと悩む場合が多いもの。また知り合ったばかりの頃は、定番のデートコースに行くとなんとなく落ち着かなくて、周りのカップルばかりが目に入ってしまいます。

最初の頃は共通の話題もなくて、沈黙する瞬間が多いのは仕方がありません。カップルだらけのデートコースだとプレッシャーがかかってしまいますので、付き合う前のデートは人がいない公園やカフェでお茶をするなど、友達と一緒に行けそうな場所を選ぶのもポイントのひとつです。

いきなりカップルがたくさんいる夜景が綺麗なスポットなどは、付き合ってからのお楽のしみとして、更に仲良くなってから行くようにしましょう。

 

次のデートの約束をすること

付き合う前のデートで意識するのは、その場で終わらせないで必ず次につながる余韻を残したいということ。今度のデートの約束をしてから別れるか、それとなく行ってみたい場所があることをアピールするなど。またデートする理由がないと、付き合う前はお互いに相手を誘いにくくなります。

次回の約束をするために、新作の映画の話やショッピングモールのセールなど、気になる話題で盛り上げておきましょう。

デートの後に相手からすぐに連絡がなくても「この前話したレストラン行ってみませんか」と自然に誘いやすくなるのです。

 

まとめ

付き合う前のデートは、疑問や不安が色々ありますので臨機応変に対応する必要のある場面も。どんな洋服を着ていくか、どんな話をしようか前日はきっと眠れないかもしれません。

そんな緊張感は無理に隠す必要はありませんので、いつも通りに友達と行動するように自分らしさを発揮してみましょう。

最初の頃のデートでどれだけ相手の情報をゲットするかがポイントです。冷静に判断しながら、恋人として自分に合う相手なのか、デートの中に穏やかに見ておくと良いですね。

ページ上部へ戻る