口臭の原因はどこからくるの?対策と予防方法について

口臭の原因はどこからくるの?対策と予防方法について

エチケットの一つとしてケアを忘れてはいけないのが口臭。原因を根本から改善しないとなかなか効果的な口臭ケアはできません。話相手がいきなり嫌な顔をしたことがありませんか。自分では気が付きにくい口臭を原因から改善する方法をご紹介しましょう。

 

胃腸の調子が悪い 

口臭の原因として注意したいのが内臓疾患によるもの。口臭は臭いがきつい食べものだけが原因でなく、歯磨きをしてもなかなかとれない口臭は胃腸の働きが弱っているサインです。

ストレスが多い生活が続くと胃炎などの病気にもかかりやすくなりますよね。胃腸の消化・吸収活動が正常に行われなくなると腸内菌のバランスが悪くなり、胃腸から嫌な臭いがこみ上げて来るのです。

胃腸が口臭の原因になる場合は、胃痛や食欲不振などの症状も同時に起こっていると思われますので、早めに医療機関で診察をしてもらいましょう。口臭はそのままに放置しておくと深刻な病気にもなりかねません。

 

口内の病気 

歯周病や虫歯なども口臭の原因。治療をせずにそのまま放置をしていると、歯磨きやマウスウォッシュだけでは改善されず、逆に口臭がきつくなる可能性もあります。

口内で繁殖する臭い菌が増えると口臭となり、治療をしないと臭いを改善することはできません。口臭原因に心当たりがない場合は、一度歯医者さんで検診を受けると良いでしょう。

口内の状態は自分で見ただけではわかりませんよね。口臭原因を早期発見するには定期的な歯科検診がオススメ。治療をした歯にかぶせたクラウンによりプラークコントロールができずに臭いを発生させる可能性もありますよ。

 

ドライマウス

ストレスにより唾液の分泌が減るドライマウスの方がとても増えています。唾液は口内の臭い菌を抑制する働きがある為、唾液量が減ってしまうと口臭の原因になってしまいます。

ドライマウスはストレス以外にも病気や体調不良、緊張などによりおこる場合もあります。口の中がネバネバする時は唾液量が少ない可能性がありますので、ガムを噛む、水を飲むなどの方法で唾液の分泌量を増やしましょう。

ドライマウスはマウスウォッシュを使うと逆に口内があれてしまう可能性があります。成分の刺激が強い為できれば自然な方法で改善したいですよね。水以外にはお茶のカテキンも消臭効果がありますのでオススメですよ。

 

食べ物が原因

口臭の原因になるのが刺激臭の強い食べ物。ニンニクは特に口臭原因になる食べ物として有名ですね。焼肉、ラーメンを食べた直後はマウスウォッシュで口臭ケアをしましょう。また喫煙の習慣がある方も同様に口臭になりやすい為、タバコを吸った後は必ず歯を磨くなどエチケットに注意しましょう。

タバコを吸うと、肺の中に煙が15分ほど残るといわれています。そのため吸った後でも口臭が残りますので、大きく深呼吸を繰り返し、体内の煙を出すのも方法の一つ。

同様にコーヒーも口臭原因になりますので、飲んだ後は必ずうがいをしましょう。日常的な習慣には臭いの元になることが色々ありますね。

 

まとめ

口臭は原因を知ることが予防対策の第一歩。自分では気が付かなくても周りの人にとってとても不快ですよね。人間関係にも影響する程の口臭。出かける前に手のひらを口の前にあてて、セルフチェックしてみましょう。

ページ上部へ戻る