振った後に後悔…その時の心理とこれからの行動について

shutterstock_655363768

振った後に後悔をする時も。その時にはどういう心理なのでしょうか。そして、これからの行動をどうすればいいのかについても、お伝えしていきましょう。

 

振った後に後悔する心理

振った後に後悔するのは、なぜなのでしょうか。本来なら自分で振っておいて後悔するなんて自分勝手と思われるはず。でも離れてみて分かる愛情もあるのです。

 

相手の良さが分かった

振った後に、相手の良さが見えてくる場合もあります。今までは自分にとってどうでもいい存在だと思っていた場合も。でも相手と離れてみると、良さが見えてくる時もあるのです。

この時にやっと振ったことを後悔する男性もいるでしょう。なぜ振ってしまったんだろう、自分にとってとても合う相手だったのに…と思う気持ちもあるのです。

 

なかなか良い相手に出会えない

振った後に、良い相手とすぐに出会えると思っていたのに、全然出会えないことも。こうなると、やっぱりあの女性の方が良かったと自分で振っておきながらも思ったりするのです。

でも振ると決めたのは、自分なので今更どうしようもない…と諦める気持ちもあるでしょう。すぐに良い相手と出会えると自分で決めつけていた男性も。でも実際はそんなに簡単に行きません。

自分に合う相手に出会うのが難しいと、相手を振ってから気が付くことはとても多いのです。

 

とても淋しくなった

やりとりをしてきた相手だとしたら、振った後にはもうやりとりをしなくなります。やりとりをしなくなってみて、とても淋しい…と感じる時も。しばらく淋しいだけだろう…と思い過ごしていたけれど、いつまで経っても淋しいままなので自分でも驚くような気持ちも。

出来れば振らなければ良かった…とこの時になって思うのです。でもこの淋しさが相手を好きだからなのか、やりとりする相手がいなくなったからなのかは、もう少し時間が経たないと分かりません。

shutterstock_570547618

振った後に後悔する男性のタイプ

どういう男性が、振った後に後悔しやすいのでしょうか。振った後に後悔しやすい男性には、共通するタイプがあるので、後悔しやすいタイプについてお伝えしていきましょう。

 

欲張りなタイプ

色々なものを得たい思いがあったり、今持っているものでは満足できなかったりする欲張りなタイプの男性は、振った後に後悔しやすいです。今持っているものを大切に出来ない場合が多いでしょう。

自分では欲張りだと思っていないかもしれませんが、他の人から見ると「あの人は欲張りだ」と思われる場合が多いでしょう。こういうタイプは女性を振ってから後悔をすることが多いのです。

 

自分勝手なタイプ

自分の思うままに生きたいと思うタイプも、振ってから後悔しやすいです。自分勝手だと分かっている人もいれば、自分では全然分からない場合も。自分で勝手だと分かっていないタイプは、周りに迷惑をかけやすいです。

自分の感覚のまま進むのはいいのですが、これにより周りが迷惑するのを考えていないのです。自分勝手に行動が出来ればいいと思うため、相手を振ることを簡単にしてしまうのでしょう。でも振った後に「やっぱり振るべきではなかった」と感覚的に思うようになるのです。

 

飽きっぽいタイプ

飽きやすいタイプの男性も振った後に後悔しやすいです。長く女性と付き合えないのもこういうタイプでしょう。飽きっぽいと自分で分かっていても、他に目移りしてしまうのです。

でも目移りしてみたけれど、やっぱり振った相手のほうが良かったと思う時も。振った相手に未練を感じて、自分がもうちょっと飽きっぽい性格でなければ…と自分に対して思う場合もあるでしょう。

飽きっぽいタイプは、女性を振りやすいですが同時に後悔もしやすいのです。

shutterstock_236647858

振った後に後悔した時にするべきこと

振った後に後悔をしたのなら、まずは何をするべきでしょう。するべきことを理解して行動をするようにしましょう。

 

振った理由について考える

なぜ相手を振ったのかは、とても重要です。もしまたやりとりをしたとしても、同じ理由で嫌になるかもしれません。相手を振った理由がただ勢いだけだったのならまだしも、何か相手に対して嫌だなと感じることがあった場合も。

もし嫌だなと思う面があるのなら、この面について譲歩出来るかが大切です。譲歩できないのなら、相手に連絡をしてもまたやりとりが嫌になり、離れてしまうでしょう。

なぜ今回振ってしまったのか、理由を明確にしましょう。そのうえでこれからの行動を考えていく必要があります。

 

謝るべきか感謝するべきか

相手に対して謝る必要がある場合には、素直に謝るようにしましょう。感謝したい思いがある時も、ストレートに感謝の気持ちを伝えるべきです。言葉にしなければ心で思っていても、相手には分からないもの。

自分にとって相手に謝りたい思いがあるのなら、この機会に謝りましょう。メールやLINEなどで連絡をするといいですね。感謝する気持ちがある時にも、丁寧に相手に伝える必要があります。ここから二人の関係が良い方向に向かう可能性は高いです。

 

相手とまたやりとりがしたいかどうか

相手と再びやりとりをして仲直りがしたいかどうかを考えてみましょう。以前付き合っていた相手を振った場合もあれば、相手からの告白に対してOK出来なかった例もあります。

でもここで後悔をしているのは、相手への思いがある場合が多いでしょう。このため出来るだけ早い段階で、相手とのやりとりをしたいかどうか自分で決めるようにしたいですね。

相手とやりとりがしたい!と思うのなら、思い切って連絡をしてみましょう。もし元カノに連絡をするのなら、歴史がありますので相手との復縁がしやすい可能性があります。

 

まとめ

振った後に後悔するのは、相手を好きなのかそれともただ現在淋しさを感じているからなのか…。理由をよく考える必要があります。もともと淋しがりの男性は、一人になると突然淋しくなり、振ったことを後悔する場合も。

でも以前と現在で自分が変わっていなければ、また同じように振る場合もあるでしょう。二度も相手を傷つけないように、自分が進むべき道をしっかり考えて行動したいですね。

ページ上部へ戻る